MONTESSORI SCHOOL

ひかりのこ こどものいえ

w1.gifhituji.gif

| HOME | モンテッソーリ教育とは |

更新日 2018-09-22 | 作成日 2008-02-17

モンテッソーリ教育とは



イタリア最初の女性医学博士であり精神医学者だったマリア・モンテソーリ(1870〜1952)は、幼児の発達過程の中のある時期、特定の事柄を強く吸収する「敏感期」の働きに注目し、その適期に充実した学びができるように適切な環境(空間、状態に合った教材、人間関係、自然)を整えることの重要性を提唱しました。
 また女史は「私は、幼な子の心の中に起こる出来事に、一つの法則があることを発見しました。そして、この法則が私に教育の課題を完全に解決するを与えてくれたのです。すなわち、子どもの知識、情緒、社会性、秩序感、安定感などは、たった一つの神秘的な源に端を発しています。その源は、子どもが集中するという事実です。このことを発見して以来私は、集中を可能にする教具と集中を促す環境を注意深く研究しはじめました。こうして私は、私の教育法を編み出したのです」とのべています。
 その教育理念の実践の場「子供の家」を1907年、ローマのサン・ロレンツォに開き、「適切な環境と援助が与えられるなら、子供は自ら創造するものである」、という彼女の発見が教育界に多大な影響を与えてきました。